LEDの工事はおまかせください

電子式開閉器

電子式開閉器について

動力用(三相200V)

電子ブレーカー

  1. 特に指定しなければ「負荷設備契約」(機械の規模×台数=契約容量kw)になります。左グラフの山は電流値で、赤い線がこの環境の契約容量kwとなります。機械が多くても、同時に使わなければ小さな山になります。また連続使用しなければ、グラフのような山が多くなります。
  2. 中央のグラフは、一般的な熱動式ブレーカーを利用して「主開閉器契約」にした場合です。山のピークで作動するのであまりメリットはありません。
  3. 右のグラフは電子ブレーカーを導入したうえで、「主開閉器契約」にした場合です。電流が多く流れても、安全な時間をカウントするために、山の上部を削ることができます。つまり、より小さな容量kwで契約することができるようになります。

低圧電力契約(動力)の基本料金

電子ブレーカーの役目

  1. 基本料金の単価は電力会社毎に異なりますがほとんど同じで約1000円/kwです。
  2. 例えば低圧契約が10kwなら10000円で、40kwなら40000円です。大切なことは「基本料金は電気を使わなくても請求される」ものであるということです。

より小さなブレーカー容量での契約を

電子ブレーカー寸法

ブレーカーはその許容範囲以上の電流が流れたときにこれを遮断し、設備を保護するものです。どれだけ電流が流れたら何分以内に遮断するという基準がJIS規格で明確に決められています。従来の過電流発生熱で遮断するブレーカーと異なり、電子ブレーカーは電流値を感知し、デジタル数値によって遮断します。動作をコンピューターが制御し、JIS規格の許容範囲最大まで使用できるようにあらかじめプログラムされています。

さまざまな事業所で活躍しています

年間約4000事業体に導入しています。
マンション共用部・コインランドリー・テナントビル・クリーニング工場・立体駐車場・パン工房・ガソリンスタンド・各種工場(プレス、メリヤス、自動車板金ほか)

大きな効果が期待できる設備

  1. スポット溶接機:大電流ですがスポットなので短時間
  2. 洗車機:大電流ですが往復機なら折り返しで一旦ゼロになる
  3. コンプレッサー:作動する時間は比較的短い
  4. クレーン:作動時間による
  5. エアコン:コンプレッサーが作動する時間をみる
  6. リフト:一定時間でOFFになる
  7. その他:使用時の電流値を測定して契約容量を決定します

powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional